• ホーム
  • 育毛用の内服薬と塗り薬について

育毛用の内服薬と塗り薬について

2019年11月07日

男性の中には、三十歳を過ぎた辺りから、頭髪が徐々に薄くなって行くという男性型脱毛症を発症する人が多くなるものです。
そういった薄毛の対処法と言えば、一昔前までは、近所の薬局に行き、市販の育毛剤を購入するのが、一般的でした。
塗り薬タイプである育毛剤を頭皮に塗る事で、育毛効果を得るという方法です。

ですがそういった塗り薬だと、頭皮環境に大きく左右されます。
そのため頭皮が汚れている人は、育毛剤を塗った所で毛根まで効果が届かなかったり、肌が弱い人は頭皮が荒れてしまい、逆に薄毛が進行するケースも少なくなかったです。
効果による個人差というのが、多くあったものです。

ですが最近は、そういった塗るタイプの育毛剤ではなく、内服薬として服用するタイプのモノが主流となって来ています。
というのも、内服薬として体内に取り込む事で、頭皮に塗るよりも直接、育毛を働き掛ける事が可能です。
そのため身体の内側から、育毛出来る環境を促し、男性型脱毛症の改善を強く働き掛ける事が出来ます。

ただし内服薬は、効果が強い事もあり国内で購入するには通常、医師の処方箋が必要で、しかも費用も高いです。
ですがフィンペシアを利用する事で、安く内服薬を手に入れる事も可能です。
フィンペシアとは、男性型脱毛症の改善に高い効果を持つ薬のジェネリック薬品です。
ジェネリックと言えば、元の薬の成分を少し変えているのが基本であるため、元になった薬よりも効果が弱いと考える人は少なくないです。

ですがフィンペシアに関しては、そういった効果に対する心配は必要ないです。
というのもフィンペシアは、元の薬と同じ成分で作られており、製法が少し違うだけでほぼ同等の効果が見込めます。
しかもインドから個人輸入すれば、かなりの格安の費用で、男性型脱毛症の改善効果を得る事が出来ます。